2008年03月21日

堤さやか

歌入り

歌無し



*堤さやか 作詞/193スレ93

ふと街で 懐かしい歌を聴くと
君のことを思い出すよ
幼く 若すぎたかもしれないけど
純粋だったあの気持ちを

鮮やかだけど くだらない世界の中で
真っ直ぐ笑う君を見つけた
汚れた世界の中でただひとり
君だけには気高さを感じた

叶わない恋だと知ってたけれど
虚像の君は今日も微笑んで
寂しさと知りながら僕は
ただ情熱を持てあましていた

叶わない恋だと知ってたけれど
あんな風に逢えなくなるなんて
君の居場所本当は知ってるけれど
話す言葉が見付からない



皆様ご無沙汰してますw
ちょっと時間があいたので前から作りたかった曲をやってみました
………けど久しぶりだとなまり方が半端じゃないわorz

とりあえず言いたいことは、堤さやか大好きでした。

お聞き苦しい点は多々ありますが寛大な心で聞いてあげてくださいねwww
posted by nirareva at 22:28| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな神曲が付くと知ってたら普通のタイトルにしたのにww
近いうち絶対歌います
Posted by よーし at 2008年03月21日 23:00
おかえり!
久々に聴くにらればロックにフル勃起した。

※九州旅行計画は財政難により潰えました。
Posted by tdrk at 2008年03月21日 23:15
>>よーしさん
作詞者さんだったのかw
タイトルがこれだから真面目に曲つけられたんじゃないかwww
今気づいたけど頭から歌入るから歌いづらいっすね…
テンポ175か185だったからなんとかしてくださいwごめんなさいw

>>tdrkさん
ただいま!!っても少しの間だけどねw
にらればロックって言ってもらえるのほんと嬉しいんだwありがとうwww

旅行の件は俺もごめんなさいorz
また来る計画が浮上したら声かけてね!!w
Posted by nirareva at 2008年03月21日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。